PAGE TOP

  1. トップページ
  2. 用語集 な行

な行 - な

萎える なえる
勃起していた陰茎が、しぼんでしまうこと。
中折れ なかおれ
セックスの際、最初は勃起していた陰茎が途中で萎んでしまい射精不能になること。
中洲 なかす
福岡市博多区に位置し、パブ、スナック、ヌード劇場、居酒屋、ソープランドなどがひしめきあっている西日本随一と言われる歓楽街。
中出し なかだし
同義語:膣内射精
性交時に生で挿入を行ない女性の膣の中で射精すること。ピルの服用やペッサリーなどの女性用避妊具がないと妊娠する可能性が大である。
反対語:外出し
中田氏 なかだし
中出しの隠語。特に、インターネットの掲示板などで、よく使われている。
鳴き なき
セックスの最中、感じたときに女性が出す声。「ああ~ん」「あんあん」「いくぅ」などの言葉を発する。声の大きさに比例して、男性はより興奮度を増す。
ナチュリスト なちゅりすと naturist
同義語:ヌーディスト
性別に関係なく、開放感のために他人を気にせずに裸で過ごしている人のこと。
ナチュリズム なちゅりずむ naturism
互いの身体を大切な個性の一つと捉えていたわり、好奇の目で見ることなく、ごく自然に裸で過ごし、それによって得られる開放感を得ること。性的欲求に基づいたものではなく、露出狂とは異なる。
関連用語:ナチュリスト
ナプキン なぷきん
吸収性の良い紙を重ねた生理用品。
以前は脱脂綿を使用していたが、1961年(昭和36年)11月に発売され生理処理に革命をもたらした。
なま
男性器にコンドームを装着せずに、セックス、フェラチオなどをすること。
生サービス なまさーびす
コンドームを着けないで本番サービスを行うこと。
生尺 なましゃく
同義語:生フェラ
コンドームを付けずに、フェラチオをすること。
反対語:ゴム尺
生フェラ
同義語:生尺
コンドームを付けずに、フェラチオをすること。
反対語:ゴムフェラ
なみのはな なみのはな
食塩のこと。水商売の世界では、縁起を担いで「しお」とは言わず「なみのはな」と呼ぶのが一般的。
関連用語:盛り塩
舐め洗い なめあらい
マットの上でコンパニオンが客の身体を、舌で舐めながら洗うサービスのこと。
鳴門 なると
日本の伝統的体位48手のひとつ。
座位の一種。座った男性の上に、後ろ向きに女性が座って挿入し、片膝をを立て鳴門の渦潮のように左右に腰を回転させる体位。
ナン写 なんしゃ
ナンパした女の子の写真やビデオを撮る行為。
軟性下疳 なんせいげかん
セックスを通じて、軟性下疳菌という細菌の感染による性感染症。
感染してから2~5日後に、男性では包皮や亀頭、女性では外陰部に赤く盛上がった膿のある米粒大のできものができ、痛みがある。
抗生物質の内服薬や軟膏を患部に塗って、4~6週間ほどで完治することができる。
ナンバークラス なんばーくらす
指名獲得がその店の中で上位にランクされるコンパニオンを指す。

な行 - に

仁王立ちフェラ におうだちふぇら
男性が立った状態、いわゆる仁王立ち状態で、女性がひざまづいてフェラチオをすること。ディープスロートもやり易い。
男性から見て、女性を見下ろしながら奉仕させているという征服感が味わえる行為である。
2回戦 にかいせん
2回続けて、セックスをすること。
ソープランドでは、90分~100分コースの場合は、一般的に2回が標準となっている。
2勤1休 にきんいっきゅう
2日出勤して1日休む勤務形態のこと。
風俗業界でも特に、過酷な労働、かつ、高収入のソープランド業界にみられる勤務形態。
肉体関係 にくたいかんけい
男女間の肉体的な関係、つまり、セックスを行った関係をいう。
肉便器 にくべんき
性風俗で働く女性を侮辱した意味で使う言葉。インターネットの2ちゃんねるが発祥。
肉棒 にくぼう
陰茎のこと。肉の棒であることから、こう呼ばれる。特に、エロ小説でよく使われる言葉。
西川口 にしかわぐち
埼玉県川口市西川口にある有名なピンクサロンを中心とした歓楽街。西川口流というハードなサービスが人気。
西川口流 にしかわぐちりゅう
ピンクサロンなどの非本番系の風俗で本番サービスがあること。
1990年代、西川口のあるピンクサロンが本番サービスを始めたのがきっかけで、それにならって他の西川口のピンクサロンも同じサービスを始めた。それ以来、非本番系の風俗で本番サービスを行なうことを「西川口流」と呼ぶようになった。
ニッコリ にっこり
同義語:指名
ピンクサロンで、指名のことを指す。
ニップル にっぷる nipple
同義語:乳首
英語で、乳首のこと。
ニップレス にっぷれす
乳首に貼るバンソウコウに似たテープのこと。
薄手のブラジャー・ノーブラ・水着・浴衣の時など、乳首がくっきり見えないようにする目的で使用する。
日本ビデオ倫理協会 にっぽんびでおりんりきょうかい
ビデオソフトの製作者が自らの「表現の自由」を尊重しつつ映像や音声の修正等を行う自主規制を審査する団体。
乳管 にゅうかん
乳腺から乳管洞へつながっている身体の部分。母乳の通り道になる。
入泉料 にゅうせんりょう
同義語:入浴料
ソープランドにおける入浴料のことだが、名古屋ソープなど一部の地域ではこちらの呼び方をしている。
乳頭 にゅうとう
同義語:乳首
女性の乳房の先にある授乳の為の突起部分。
乳内射精 にゅうないしゃせい
パイズリの状態で、射精すること。
ニューハーフ にゅーはーふ new half
同義語:ミスターレディー
女性の格好をして、風俗業で働く男性のこと。シリコン注入や女性ホルモン注射で豊胸化したり、陰茎や睾丸を切除して、身体的にも女性化している場合もある。
専門の風俗店もあり根強い人気がある。
ニューハーフヘルス にゅーはーふへるす
ニューハーフがコンパニオンとしてサービスを行うヘルス。売春防止法に抵触しないため、竿有りニューハーフとの逆アナルプレイなど自由なプレイが可能。
ただし、サービス内容は店によってかなり違うため事前にシステムを十分確認する必要がある。
ニュー風俗 にゅーふうぞく
性感マッサージ、イメクラ、SMクラブなど1980年代から1990年代にかけて急成長した業種のこと。
入浴料 にゅうりょくりょう
同義語:入泉料
基本的に「お風呂に入る」ということなので、番台(フロント)で払うお風呂代金のこと。ただし、それだけではなく、個室で女の子からサービスを受けるためサービス料が別途必要。サービス料は、入浴料の2倍程度。
関連用語:サービス料、総額
乳輪 にゅうりん
乳首の周囲を囲う乳首と同色の輪状の部分。
女陰 にょいん
同義語:膣、ヴァギナ、プッシー、オメコ、まんこ
女性性器。子宮と外陰部を連絡する管状の器官。
セックス時は、男性性器が挿入されるところ。また、出産時は産道になる。
尿道オナニー にょうどうおなにー
尿道にはりがねや細いろうそくなどの異物を挿入して行うオナニー。尿道は敏感なので、普通のオナニーとは違った感覚があるが、非常に危険な行為でもある。
女芯 にょしん
同義語:クリトリス
女性器にある突起した部分で、女性外陰部の一部。性的興奮で勃起し、大半の女性の一番の性感帯である。
女体盛り にょたいもり
仰向けに寝た全裸の女性を皿に見立てて、寿司や刺身などを盛りつけること。
温泉地の宴会で行われることが多い。ただし、体温で食べ物が腐りやすいという衛生上の理由で、大々的には行っていない。
関連用語:ワカメ酒
二輪車 にりんしゃ
ソープランドで、同時に二人の泡姫からサービスを受けること。料金は総額の2倍になる。
関連用語:3P
妊娠 にんしん
セックス後、女性の身体内で卵子と精子が受精し、受精卵が子宮内に着床して胎児を育成する状態となったこと。胎児およびその付属物の排出をもって終了となる。
妊娠悪阻 にんしんおそ
つわりの症状が極端にひどくなり、日常生活ができなく、食事摂取が困難になり、母体の栄養代謝障害を起こしている状態のこと。
妊娠線 にんしんせん
妊娠して急激にお腹が大きくなると皮膚の伸びがついていけず、下腹部・乳房・大腿部・尻などに縦にひび割れたような線がいくつも出てくるのを言う。初めて出る赤いみみずばれのものを新妊娠線と呼び、産後は白く薄くなり旧妊娠線と呼ぶ。
一度できたものは消える事は無く、子供を産んだ証拠にもなる。
妊娠中毒症 にんしんちゅうどくしょう
妊娠20週以降に表れる妊娠による高血圧、むくみ、蛋白尿の重度の症状。
胎児にも影響があり、胎盤の働きが慢性的に悪くなって胎児の成長が悪くなったり、出産時に仮死になりやすくなる場合がある。
妊婦 にんぷ
妊娠中の女性のこと。

な行 - ぬ

ヌーディスト ぬーでぃすと
同義語:ナチュリスト
性別に関係なく、開放感のために他人を気にせずに裸で過ごしている人のこと。
ヌーディストビーチ ぬーでぃすとびーち
老若男女問を問わず誰もが水着を着けずに、全裸になって過ごす海岸のこと。欧米には、公認のビーチがある。全裸になることで、気持ちが開放されてリラックスできることを目的としているのであって、決して好奇な気持ちで行くべきところではない。
ヌーディスト村 ぬーでぃすとむら
同義語:ヌーディストリゾート
男女とも生まれたままの全裸で過ごす地域。誰もが服を着ないありのままの姿を尊重している。互いに卑猥な感情は持っていない。誰にも気がねなく、裸を楽しめる。全裸のままレストランで食事をするのも商店で買い物をするのも違和感がない。
なお、この地域では性的行動は御法度である。
ヌーディストリゾート ぬーでぃすとりぞーと
男女とも生まれたままの全裸で過ごす地域。誰もが服を着ないありのままの姿を尊重している。互いに卑猥な感情は持っていない。誰にも気がねなく、裸を楽しめる。全裸のままレストランで食事をするのも商店で買い物をするのも違和感がない。
なお、この地域では性的行動は御法度である。
ヌード ぬーど
裸体のこと。
ヌーブラ ぬーぶら
ノーブラ感覚のつけ心地で胸の谷間もバストアップもできる女性用下着。肩ひもやアンダーを気にすることがない。柔らかいシリコンで出来ており、肌にピッタリフィットし、本当に身体の一部のような自然な丸みが出る。
抜かずの3発 ぬかずのさんぱつ
セックスで、勃起→挿入→射精→抜かずに勃起→射精→抜かずに勃起→射精と、挿入したまま連続3回の射精を行うこと。かなりの体力と精力を必要とする行為といえる。
関連用語:ヌカ六
ヌカ六 ぬかろく
セックスで、勃起して膣に挿入したまま抜かずに連続6回の射精を行うこと。
関連用語:抜かずの3発
抜き ぬき
射精をすること。
ヌキキャバ ぬききゃば
抜きのサービスがあるキャバクラのこと。コンパニオンと飲んだりしゃべったりした後、個室に移動してヌキサービスがある複合型風俗のこと。
ヌキビル ぬきびる
「抜き」の店、つまり風俗店ばかりがテナントで入居しているビルのこと。
抜く ぬく
男性が性欲処理、つまり、射精処理をすること。特に、オナニーや風俗で処理することを指す。
濡れ場 ぬれば
映画やドラマなどで、ペッティングやセックスを行う場面のこと。
濡れる ぬれる
女性器が、愛液が分泌されて湿った状態になること。

な行 - ね

ネカマ ねかま
(1)一見男らしい風貌をしているが、本当は根っからの男性が好きな男性のこと。「根」+「オカマ」から来ている。
(2)インターネットの掲示板などで、さも女性のような振りをして投稿している男性のこと。「ネット」+「オカマ」から来ている。
ねこ ねこ
同義語:受け
レズビアンでの受け身役の女性のこと。
反対語:タチ
寝た ねた
「セックスした」という意味。「あの娘と寝る」という使い方はあまりなく、「あの娘と寝た」といった過去形で使うことがほとんど。
ねっとりフェラ ねっとりふぇら
亀頭を舌で絡ませるようにねっとり舐め回すフェラチオのこと。
ネナベ ねなべ
インターネット上の掲示板やメールなどで、男性のフリをしている女性のこと。
寝技 ねわざ
セックスのテクニックのこと。

な行 - の

ノースキン のーすきん no skin
省略名称:NS
同義語:生
No Skinの略。
スキンなしで、セックスをすること。
反対語:S着
ノーパン のーぱん
パンツ(パンティ)を着用していない状態こと。
スカートをはいていると、スカートがめくれたり、下から覗きこんだ場合は、性器は丸見えということになる。
ノーパン喫茶 のーぱんきっさ
ノーパンでスカートを履いたウェイトレスが接客する喫茶店。スカートは短く中がチラチラと見えたり、床を鏡張りにしている店もある。
1980年初頭に大阪で誕生し、大ブームを起こしたが、現在は一部で営業しているのみ。
ノーパンしゃぶしゃぶ のーぱんしゃぶしゃぶ
ノーパンの女性が給仕のサービスを行うしゃぶしゃぶ店。天井に取りつけてあるボトルからお酒を注ぐときに、女性の股間の内部がチラチラ見えるのが売り。実体は大企業や銀行系や大蔵省の一部の官僚しか知らず、会員制で利用する料金も高い。
顧客リストが流れた『楼欄』の件で、有名になった。
のぞき部屋 のぞきべや
円形の舞台が中央にあり、客一人が入れる小さな個室が放射状に取り囲む構造を持った小劇場。客はその個室からマジックミラー越しに、女の子が衣服を脱ぎ、オナニーショーを行なうのを鑑賞する。
オプション料金を払えば、壁の穴に陰茎を入れ顔が見えない相手にフェラチオをしてもらい射精できる店もある。
非常に低料金の風俗店であるが、現在は希少業種となっている。
ののさま ののさま
同義語:ほとけさま
室町時代から江戸時代頃の女性の陰部の呼び方。仏像の姿に似ていることからつけられた。
少し上品な言い方で、「○○様に、ののさまをお見せした」というように使われた。
のの字 ののじ
セックスで、挿入後の男性の腰を動きのこと。ひらがなの「の」の字を書くかのように動かすのが基本のひとつと言われている。
ノンケ のんけ
同義語:ヘテロ
同性愛指向がない、いわゆるノーマルな人達のこと。ホモセクシャルやレズビアン側から見た、同性愛者でない人たちを指す場合に使う言葉。